沈黙 -サイレンス-

f:id:nmatsumoto:20170920210944p:plain

f:id:nmatsumoto:20170920211056p:plain



 

沈黙 -サイレンス- - Wikipedia

2016 アメリカ 159分

数週間前に見たが、書くの忘れてた・・・(見たの全て書いてるわけじゃないが)。

スコシージ(スコセッシという読みは間違いらしい)が遠藤周作の小説を日本の俳優を使って映画化したということが意外だった。

アンドリュー・ガーフィールドは奇妙な役柄が多いが、しゃべりかたがアホみたいなせいだろうか。

英語がぺらぺらな武士や農民、拷問の方法等は史実に基づいているのだろうか。

踏み絵を踏めないというのは、当時の日本人が(今の日本人もそうだが)宗教を理解してないからに過ぎないと思う。神父は踏めと言っているのに。

原作読みたくなった。

今回の映画ムダ話は良かった。

町山智浩の映画ムダ話 M・スコセッシ『沈黙サイレンス』解説サンプル - YouTube

宇多丸「沈黙 -サイレンス-」シネマハスラー - YouTube

 

 

ムーンライト

f:id:nmatsumoto:20170919024730p:plain



ムーンライト : 作品情報 - 映画.com

2016 アメリカ 111分

宇多丸「ムーンライト」シネマハスラー - YouTube

町山智浩 映画「ムーンライト moonlight」ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞 - YouTube

画像処理されたものだが、とても映像が綺麗だった。

スクリーンで見たらもっと良かっただろうな。

ゲイムービーといえば「ブロークバック・マウンテン」が思い浮かぶが、

あれとはぜんぜん違う美しさのある映画だった。

単純できつい話だが、静かでしっとりしていて良かった。音楽もよかった。

エターナル・サンシャイン

 

 

 

2004年 アメリカ 107分

 

話の流れが前後する部分がわかり難かったが、面白かった。 現実の部分は、時系列に沿って描いた方が良かったと思う。 二度目の出会いを最初に持ってきてもわかり難いだけだと思う。 ハッピーかアンハッピーか不明な終わり方(3年前の感想)。

前見たとき同様、時系列を理解するのに時間がかかり(二度目の出会いが最初のシーンだと前は気がつけたのに今回は気づけなかった)、少し覚めてから思ったのだが、バカップルの依存的執着の繰り返しで実はコメディなのでは?とさえ思えてきたのだが、せつなげな音楽がそれをカバーしている感じがした。

ジム・キャリーが車のなかで顔をクシャクシャにして泣くシーンはジンとくるものがあった(最近失恋に似た経験をしたからだ)。

 

 

映画 エターナル・サンシャイン - allcinema

 

エターナル・サンシャイン - 映画評論家町山智浩アメリカ日記

 

エターナル・サンシャイン インタビュー: 「エターナル・サンシャイン」はこうして生まれた - 映画.com

オデッセイ

f:id:nmatsumoto:20170918215505p:plain


 

オデッセイ (映画) - Wikipedia

2015 アメリカ 141分

気が滅入っているときは何を見ても面白くないものだが、この映画もそうだった。

ぜんぜんまったくひとつもおもしろくない・・・・・

しかし普通の気持ちの時に見ても、たいして面白く感じなかっただろう。

場面によって重力がかかったりかからなかったりして、描写がテキトー過ぎるところもみてて冷めた。なぜか重力がとても気になった・・・

そもそもマット・デイモンなんかどうなったっていい。特に魅力的なキャラでもなく、そのような描写もなければ感情移入も出来ずハラハラもワクワクも感じられない。

リドリー・スコットは「エイリアン」と「ブレードランナー」は面白かったが、これ以外はたいしてイイ映画作ってない気がする(全作品見てるわけじゃないからよく知らんが)。エイリアンを少し前に久々に見返したら思っていたほど面白くなかった・・・リブートした「プロメテウス」しかり。続編で今公開中の「エイリアン: コヴェナント」も見る気がしない・・・

エイリアンの一番の功績はエイリアン等をデザインしたH・R・ギーガーにあると思う。

 

 

映画「オデッセイ」監督リドリー・スコットによるNASA解説 - YouTube

町山智浩 映画「オデッセイ」を紹介 たまむすび - YouTube

ハッピーニート おちこぼれ兄弟の小さな奇跡

映画 ハッピーニート おちこぼれ兄弟の小さな奇跡 - allcinema

2011 アメリカ 83分

つまらん。

アイ・イン・ザ・スカイ

 

f:id:nmatsumoto:20170918215843p:plain

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 - Wikipedia

2015 イギリス 102分

面白かった。

いまの軍事技術はとんでもないことになっている。

 

町山智浩 映画「Eye in the Sky」を紹介 たまむすび - YouTube

キングコング 髑髏島の巨神

 

f:id:nmatsumoto:20170918220146p:plain

キングコング: 髑髏島の巨神 - Wikipedia

2017 アメリカ 118分

お子様向けだ。

がちゃがちゃし過ぎ。

CG描写の規模が大きいほど見てて覚める。

エクス・マキナぐらいだと気にならない。

【町山智浩】映画『キングコング:髑髏島の巨神』を解説 - YouTube

町山が最後の最後まで見てと言ってたのでエンディングクレジットの後に、映画の落ちが続いていて、モスラキングギドラゴジラ、などの壁画が写されて他にも怪物がもっといるらしい的な終わり方だった。怪獣特撮映画オタク咽び泣きってことか。