グレート・ウォリアーズ

グレート・ウォリアーズ/欲望の剣 - Wikipedia

1985 アメリカ、オランダ、スペイン 126分

ポール・バーホーベン的なでたらめな感じ。

ハウアーはいいが、ヴィック・モローの娘(タランティーノの「ヘイトフル・エイト」に出てた)が魅力に欠けた。

長すぎる。

わたしに会うまでの1600キロ

わたしに会うまでの1600キロ - Wikipedia

2014 アメリカ 116分

期待外れ。

主演のリース・ウィザースプーンとヘレナ・ボナム=カーターってそっくりだ。

ヘレナ・ボナム=カーターがゴスメイクでやればよかった。その方がずっと面白かった。

日の名残り

日の名残り (映画) - Wikipedia

 

1993 イギリス 134分

 

アンソニー・ホプキンスがキモ怖い。

なぜあそこまで感情を隠すのか。。。

自室で彼女の写真に泣きながらブッカケしているシーンが必要だった。

ラストの空虚感が高まる。