燃えよドラゴン

1973 香港/アメリカ

これが一番有名なんじゃないのかな。断片的にいろいろ見たことがある場面が多い。

生前に録られた香港カンフー四本のラストで、これが日本で公開されたときには、もう亡くなられていたらしい。世界的人気になったときには、もう亡くなられていた。

これが作品的には最も充実しているような気がした(いろいろ変なところもあるが)。

ブルース・リーといえばこれのテーマ曲も楽しい。

町山智弘によれば、「アチョー!」は間違いで、「アター!」が正しいらしい。

なんだか少し元気になれた。

映像特典での本人のインタビューでの哲学的な話が良かった。