読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海猫

日本映画 サスペンス

2004年 129分

37点。

森田芳光の映画。

前半は昼ドラ的で、後半急にホラーな展開になって恐かった。

特に白石加代子が恐ろしい。

最後がけから飛び降りて自殺するところは二時間サスペンス的。

伊東美咲は何を考えているのかよくわからない感じでその辺も恐かった。

というか全員なんとなく表情からして不気味な感じがした。

伊東美咲の弟(仲村トオル)だけが、唯一まともな人間に思えた。

それと時代設定がよくわからない。始まりは現代風だが、母親の過去を描き出したとたんに大昔な感じになる。

特典映像の佐藤浩一のインタヴューを見て、思ったより知的だと思った。

海猫 - Wikipedia

www.youtube.com