ジャッキー・ブラウン

1997年 アメリカ 154分

69点。

マニアアックそうに思えずっと見なかったが、タランティーノの最新作とこの映画以外は全部カバーしてることに気づき全作制覇のため観る気になった。

意外に面白かった。しかしアホ臭い会話を楽しめない人にとっては派手なアクションも無いし退屈極まる映画だろうな。

タランティーノの映画は、マニア要素がわかるともっと楽しいのかもしれないが、そんなこと全然わからなくても楽しめた。いやほとんどの作品が一般の人でも楽しめると思う。

昔(60~70年代?)のソウルフルな曲の使い方も良かった。

デス・プルーフ」の足フェチ的カットと似たカットがあったので、やっぱりタランティーノは足フェチなんだと思った。

ジャッキー・ブラウン - Wikipedia

www.youtube.com

ファビュラス・バーカー・ボーイズの解説漫才

パム・グリア原理主義宣言

ウェイン この映画、ゴールデン・グローブ賞では「コメディ・ミュージカル部門」に分類されてるんだよ。