読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリーム・ガールズ

2006年 アメリカ 131分

75点。

スプリームズの元メンバーの一人が書いた自伝がアメリカでベストセラーになり、それがミュージカルになり、更にそれを映画化したものらしい。

メンバーの一人のダイアナ・ロスをモデルとした子が(名前は全て変えてある)歌はうまくないのに男と寝ることでリードボーカルになったり、歌のうまい子が外されてコーラスにされたり、JBもどき(エディ・マーフィーが演じているが実話ではマービン・ゲイのことらしい)の愛人になる子(この子が本を書いた)がいたり、ショービジネスの裏表(黒人の作った歌を勝手に白人がパクってヒットしたり、エルビスのハウンドドッグもパクリだったり、黒人の歌をかけてもらうように白人のラジオDJに賄賂を渡したり)等が乗りの良い歌(ビヨンセ等実際の歌手が演じている)と共にテンポよく展開されて楽しめた。

ドリームガールズ (映画) - Wikipedia

www.youtube.com

映画と関係無いがエルビスがパクった Jackie Wilson 体の動き。

www.youtube.com