読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淀川長治の映画塾 1996年

淀川長治の映画塾1~映画の演出~

淀川長治の映画塾1~映画の演出~ - YouTube

スピルバーグジョーズを見たときについて、「悪くないけどそんなに良くも無かった。たいしたことなかった。ところがそのジョーズからあの監督は堕落した。だんだんだんだん悪くなってきて金儲け本位になっちゃった」と言ってた。(39:50~)

町山智浩スピルバーグは現代最高の監督だと言ってけど、おれもスピルバーグはあまり好きではない。

 ※2は無かった。

淀川長治の映画塾3~映画のシナリオ~

淀川長治の映画塾3~映画のシナリオ~ - YouTube

「映画で一番大事なのは本ですね。脚本ですね。脚本の下手な映画の俳優さんはつらいだろうと思うな」

 「現代ですよ。今日の空気が入ってないとダメですよ」

「映画の面白さはまずシナリオ、最初にぐっと掴むことですね観客を。日本の映画はそれだけの感じがないねえ」

淀川長治の映画塾4~映画美術~

淀川長治の映画塾4~映画美術~ - YouTube

おまけ=町山智浩が映画『ノーカントリー』を語る

町山智浩が映画『ノーカントリー』を語る - YouTube

「その時代の現実を元にして物語を組み立てていかないと物語は意味不明になる」