戦士たち

図書館で借りた『贈る物語 WONDER』(瀬名秀明編 光文社)の中の一遍、光瀬龍の「戦士たち」というSFの短編が面白かったので、作品と著者について検索してたら、あるブログでおれとは真逆の感想を書いてあるのがあった。どう受け取るかは、本当に人それぞれだなあ、と改めて思った。

アーサー・C・クラークの「太陽系最後の日」というのも良かった。

平山夢明の「托卵」というのは、この本でしか読めないのではないかと思った。あまり面白いとは思わなかったが。