読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七瀬ふたたび

七瀬ふたたび - Wikipedia

映画 2010年 105分 日本

〔『家族八景』1972年、☆原作『七瀬ふたたび』1975年、『エディプスの恋人』1977年〕

 マイナス5億点。

ウイキによれば、

・「筒井康隆作家生活50周年記念映画」と題し、原作に忠実に描くことを重視した初の劇場作品。※ぜんぜん忠実じゃない。

芦名星について筒井は「もっとも七瀬らしい七瀬」と評した。

・映画公開時の本編上映前に、『七瀬ふたたび プロローグ』という10分間の短編映画を上映した。これは映画の前日談であり、筒井康隆の大ファンであった中川翔子の初監督作品で主演の芦名星のほか、多岐川裕美が母親役で登場した。※しかしこれはこのDVDに収録されてない。

とのこと。

原作(三部作ぜんぶとても面白かった)を読んでいたからなんとなく展開がわかったが、読んでない人が見た場合、ほとんど意味不明な展開で、特に結局全員助かる何もかも台無しにするラストは駄目過ぎ。

筒井はどの程度コミットしているのだろう。

この映画のことも、過去に何度もドラマ化されていたことも知らなかった・・・・・ちょっとヨウツベで見たが、つまらなそう・・・・・・