読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッドナイト・エクスプレス

ミッドナイト・エクスプレス (映画) - Wikipedia

1978 アメリカ 121分

96点

面白かった。

刑務所長役のポール・スミスという怪優は本当に不気味だ。

ブラッド・デイヴィスは妙にゲイテイストな感じで撮られていた(ゲイ映画としても有名らしい)。彼自身はゲイではなかったが、麻薬中毒になり注射針を介してエイズになってしまい亡くなられたようだ。

オリバー・ストーンが初めて書いた脚色でアカデミー賞の脚色賞を受賞した(原作から離れたハッタリをかなり効かせているらしい)。あとジョルジオ・モロダーが作曲賞も受賞した(「スカーフェイス」も脚本オリバー、音楽モロダー)。

 ※特典映像のメイキング・ドキュメンタリーより原作者のビリー・ヘイズの言葉

「失って初めて気づくんだ。僕も逮捕される前は当たり前だと思ってた。もう小さな事には悩まない。こんな風に謙虚な気持ちになれたのは初めてだ。健康と生命と自由に感謝を」

町山映画塾(拷問シーンの多くはオリバー・ストーンが考えたものらしい。囚人仲間の舌を噛み千切って殺すシーンも捏造。原作者がそんな事は無かったし噂を聞いたこともないと言った、看守が囚人のオカマを掘るシーンについて語られているが、オレが見たレンタルDVDにはそんなシーンは無かったと思うのだがもしかしたら寝てて見逃したのかもしれない。最も原作と違うシーンは最後の脱走シーンで、実際には他の刑務所に移されたとき嵐にあって海に飛び込んでギリシャまで泳いで逃げたらしく、そのように台本もなっていたが予算の都合でそうすることが出来なくなって変えたらしい。ポール・スミスが演じた刑務所長は実際には刑務所で苛められていた人に街中で撃ち殺されたらしい。他にもいろいろ面白裏話有り)

町山智浩の映画塾!「ミッドナイト・エクスプレス」 <予習編> 【WOWOW】#108 - YouTube 

町山智浩の映画塾! 「ミッドナイト・エクスプレス」<復習編> 【WOWOW】#108 - YouTube

 母に見せたら、すごかったと言っていた。