ハンター

ハンター (1980年の映画) - Wikipedia

『ハンター』(The Hunter)は、1980年にスティーブ・マックイーン主演で製作されたアクション映画である。マックイーンの遺作でもある。実在したバウンティハンター、ラルフ・ソーソンの半生を描いている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1980 アメリカ 97分

監督:バズ・キューリック

 88点

テレビドラマっぽい感じがした。

前半と後半では違う映画と思えるくらいテンションが違った。

初め字幕で見てたが、あまりに解りにくいので、吹き替えで見たら見やすくなった。

前半はかったるい感じがしたが、トータルでけっこう面白かった。

日本のMA-1の流行はたぶんこの映画から起きたのだろう。

スニーカーがオニツカタイガーぽかった。

右手に腕時計をしているのが気になったので調べた。ウイキによると左利きだったから右手にしていたらしい。

その人自身の実人生の不良性のようなものが滲み出ているような俳優は、いまどきの俳優にはいないような気がする。

マックイーンは1980年に50歳で亡くなられたが、これが日本で公開された数ヶ月前に亡くなられていた。それを思うと寂しくなった。

 

 

 2011年10月のツイッター

町山がスティーブ・マックイーンのベストを聞かれて、
パピヨン、2ハンター、3大脱走、4華麗なる週末、5ジュニア・ボナーと答えていた。

2と5は未見で、ハンターのDVDをヨドバシドットコムで994円で買った。ジュニア・ボナーは高すぎたので買わず(共にレンタル無し)。