この森で、天使はバスを降りた

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/004/952/44/1/the_spitfire_grill.jpg

映画 この森で、天使はバスを降りた - allcinema

アメリカ 116分 1996

クリックすると新しいウィンドウで開きます

しょっぱな刑務所内のコールセンターが出てきたのだがアメリカの刑務所ってこんなことを服役囚にやらせるのかあ~~と思った。

レンタル屋で目に留まり心が洗われるような話なのかなとなんとなく思って借りてみたが、全く救いの無い話だった。何の罪も無い人間がとんでもない目にあい死んでいき、悪党が何の罪も問われない。現実は映画のようなハッピーエンドは少ないから現実的な話しかもしれない。哀しみとフラストレーションが残った。

映像に映画的重厚さが無い。逆にこのほうが現実的なのかもしれない。凝った映像のほうが非現実的なのだ。

終盤で主人公が教会に居て、その後あまりにもな、あっさりした死にかたをしてしまうのだが、神は居ないということのメタファーなのか。ちょっと「クール・ハンド・ルーク」っぽいと思った。

観終えて意外と考えさせられる映画だったが、退屈なシーンが多くて何度か寝てしまった・・・